会社案内

company

ごあいさつ


 

当社は、1954(昭和29)年、鉱・工業用ゴム製品卸商として設立して以来、時代の変遷に合わせ、かつ柔軟に対応し着実に事業を拡大させてまいりました。

創業時より当社は企業理念として『雑草精神』を掲げておりますが、その精神は着実に受継がれ、幾度となく降りかかってきた危機の時でも、まさしく“雑草のごとく”乗り越えてまいりました。

現在では各種産業ゴム・樹脂製品の販売を中心に専門商社としてビジネスを広げ、土木建築、農業、水道、LPG、保安等の各分野における資材も扱い、取扱い商品は3万点余りに至っております。

さて、2018年度=第66期の決算は「当社の年間売上高の過去最高額を更新」いたしました。最終的な売上高は399億4千5百46万5,573円、前年度と比較すると106.7%となり増収・増益で締めくくることができました。このような業績を残すことができましたのも、ひとえに皆様のご支援、ご協力の賜物と、心から感謝申し上げます。

令和元年という記念すべき本年、2019年6月にシバタは創設65周年を迎えました。企業理念とともに創業時よりこだわってきた企業方針、それが「地域密着」「即納即配」「チームワーク」であり、これは今後も揺らぐことはありません。シバタの強みは全国に配置した拠点が地域に密着した動きをしていることであると考え、「人が商品を運ぶ」というシバタ伝統の手段も堅持していく必要が有ると思っています。そのためには人が必要、その人を育てていくことも必要です。その中で一人一人が強くなり、集まった時のチームワークが会社全体の強化に繋がっていると信じております。景気動向が読みにくい中、今後の市況に注視し、売上400億達成という目標を掲げて拡販活動を実施してまいります。

今後とも、より一層のご支援ご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。


代表取締役社長
針谷 功
Isao HARIGAYA
 

 
代表取締役社長 針谷功 代表取締役社長
針谷 功(はりがや・いさお)

1966(昭和41)年3月にシバタ東京本社に入社。福井営業所、岡山支店支店長を経て95年11月取締役・中国支部長、2000年1月常務取締役・営業副本部長、02年3月常務取締役・大阪支社長を歴任。03年6月専務取締役、10年6月に代表取締役社長に就任
このページのトップへ